塗装

塗装外壁塗装を行うことで、建物の色彩により見栄えを良くし見た目を美しくします。 建物は雨・風・紫外線・排気ガスといった過酷な自然環境に日々さらされています。外壁塗装による塗り替えやリフォームはこうした外的環境から保護し、腐食から守る保護的な役割があります。

外壁塗装をお考え中の方へ

建物が老朽化しているかどうかの判断は難しく、一般の方にはなかなか判断ができません。
しかし 、パッと見ただけで分かるものもあります。建物の外壁に下記のような症状が見られたら塗り替えどきかも知れません。
外壁塗装の目安は、主に5~10年です。まずは、お住まいの外壁を見て、劣化状況を確認することをおすすめいたします。

外壁の症状・状態をチェック

1つでも下記のような症状が出ている場合は、ぜひご相談ください。

  • 外壁にひび割れがある
  • 外壁を触ると、手が白くなる
  • 外壁塗装がはがれている
  • カビが生えている
  • 表面に小さな穴がたくさんあいている

外壁塗装のメリット

外壁の塗り替えは必要なのかどうか、疑問に思う方も少なく無いのではないでしょうか。屋根や外壁の塗装は年月と共に劣化します。また、亀裂やヒビ割れが生じ、そのまま放置しておくと建物の劣化はますます進み、悪影響を及ぼします。 下記のメリットをご確認の上、外壁の塗り替えが必要かどうかの判断に是非お役立て下さい。

メリット1:寿命を延ばす

外壁の塗り替えは必要なのかどうか、疑問に思う方も少なく無いのではないでしょうか。屋根や外壁の塗装は年月と共に劣化します。また、亀裂やヒビ割れが生じ、そのまま放置しておくと建物の劣化はますます進み、悪影響を及ぼします。
これから紹介する外壁塗り替えによるメリットを今現在得られておりますでしょうか。これらのメリットを確認して頂き、外壁の塗り替えが必要かどうかの判断に是非お役立て下さい。

メリット2:美観を維持する

外壁は年中、雨や風などから耐えず晒されているので、何もせずにいれば経年劣化で色褪せや剥がれ、ふくれなど外観の変化があらわれてきます。いつまでも美しい建物にするためには、塗り替えが必要不可欠です。建物を美しく塗り替えることは、資産価値の向上に繋がり、新築の様な輝きを取り戻すことが出来ます。
また、新築時とは違ったデザインにイメージチェンジすることも出来ます。色・ツヤ・質感・平滑・凸凹模様等、ご要望に合わせて工事をすることが出来ます。

メリット3:節電に効果的

断熱・遮熱塗装をすることにより、真夏や真冬などの高低差のある外気温から建物を守ってくれます。冬は暖かく夏は涼しい、快適な住まいを実現します。 室温が外気に影響されにくくなるので、エアコンの使用頻度が減り、省エネ効果が生まれ電気代の節約に繋がります。

メリット4:建物を保護する

塗料を塗り、塗膜を作ることによって、紫外線や風雨、地震や台風による揺れ等から守ることが出来ます。このように建物の耐久性を高めることによって、劣化の原因から大切な建物を守ります。傷みを放置する事によって、修繕費がかさむことにもなりかねませんので、経済的であると言えます。

メリット5:防水性効果

塗料は撥水性が高く、雨を弾いて浸水しないようにしてくれます。ヒビ割れ等、外壁が劣化し防水機能がなくなった状態のままにしておくと、雨水が家の中に浸入してしまい、梁や柱が腐っていきます。ヒビ割れ等の劣化に気がついた時は早めに塗料の塗り替えを行うようにしましょう。

メリット6:遮音性効果

外壁を通すのは雨風だけでは無く、近隣の生活音や車やバイクの音なども、外壁を通して入ってくるものです。外壁塗装を行う事によって、こうした外からの騒音を軽減し、心地よい生活空間を実現することが出来ます。

外壁塗装の種類

外壁塗装に用いる塗料には様々な種類があります。
塗料は種類によって耐久性、価格が大きく異なり、価格と耐久性は比例します。塗り替えの回数が少なくて済む耐久性の高い塗料を使ったほうが長い目でみるとおトクな場合もあるため、住まいのメンテナンスサイクルを考えて塗料を選ぶ必要があります。
ここでは主な塗料の概要や特徴などをご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

合成樹脂調合ペイント

従来の油性調合ペイントの配合で用いられる「ボイル油」の代わりに「長油性アルキド酸樹脂ワニス」を着色顔料と混ぜ合わせて作られる、酸化重合による自然乾燥型の塗料です。一般的にホームセンターなどで販売されてるDIY用の「ペンキ」の多くはこの合成樹脂調合ペイントになり、耐用年数は3~5年になります。
主に、一般建築物の屋内・屋外の鉄部、屋内木部に用いられ、安価になります。
ただし、乾燥時間は約16時間と、乾燥に時間がかかるという短所があります。また、油を含むことでアルカリに弱いという性質があるため、コンクリート素材の近くでの施工は難しく、コンクリートのアルカリ成分が溶け出したり、ひどい場合には、べたついたり、変色するなどの影響もあります。

アクリル樹脂塗料

アクリル樹脂塗料は、メタクリル酸メチルを重合して作られたアクリル樹脂をベースにした塗料です。自動車の上塗りに使用されたり、家庭用の電器製品や食缶などにも使用され、耐用年数は5~8年になります。 主に、新築の外壁によく使用されますが、他の塗料と比べると耐久年数が割と短いため、塗り替え時には耐候性のより高い別の塗料に変更する方もいるようです。特徴としては、高温でも変色せず、保色性があるため、色あせなどもしにくいです。また、光沢保持性もあるため、ツヤが長持ちします。

ウレタン樹脂塗料

ウレタン樹脂塗料は正確にはポリウレタン樹脂塗料といい、塗装により形成される皮膜が、ウレタン結合の形成によって生成されるポリウレタンである塗料のことです。現在使用されているゴルフボールのほとんどのペイントに使用されており、耐用年数は8~10年になります。
主に、トタンやアルミ、モルタル・コンクリートに塗装が可能であり、ウレタン樹脂塗料には良質な弾性(ゴムのように伸び縮みをする性質)質のものもあるため、呼吸をして伸び縮みをする木部にも最適です。
特徴としては、独特の肉厚感と光沢があり、硬度や耐摩耗性が高いので、剥がれにくいです。また、耐候性もあり、柔らかい性質と密着性が高いため、曲面や細部の塗装にも適しています。

フッ素樹脂塗料

フッ素樹脂塗料は、フッ素樹脂の技術を応用した塗装であり、原料は、フッ化カルシウムを主成分とする天然石であるホタル石になります。明石大橋などの架橋鉄塔の塗装にも使用されており、耐用年数は15~20年になります。
主に、屋根、サッシ、壁材、手すり、門の扉・フェンス等の住まいの外観部分や、玄関ドア、各種プラスチック建材等に適しています。また、メンテナンスサイクルが長いため、改超高層ビルや公共性の高い大型建築物といった改修工事が難しい場所の塗装にも有効です。
特徴としては、ツヤ、光沢感が独特で、耐久性が非常に高いです。さらに、酸性雨や紫外線にも強いため、しっかりと屋根材を守ることができますし、雪の滑走性能も高いため、積雪がある地域などでは、雪止め等を付けていなければ、ほとんど雪が屋根に残ったままとなることはありません。

  • 株式会社アートライフへのお問い合わせは
  • 本社:☎06-6609-3077 FAX.06-6609-3088
  • 支社:☎072-237-3331 FAX.072-237-3351